ブログ

2015年 浅川ゼミ会講演会

2015年3月1日 東京・八丁堀 東京医療福祉専門学校で開催された浅川要先生のゼミ会にご招きいただきました。
浅川先生は中医学の第一人者であり、常陽学園で卒後教育の一環として鍼灸免許を取得された方々に鍼灸術の修得のため講義を行われています。
昨年度、王醫仙治療院で実現した交遊や横田篤広先生のお力添えにより、「王醫仙流鍼灸術の実際」という講演会を開催しました。
会場はというと沢山の「王醫仙流鍼灸術の実際」として参加者が。

90F390EC90E690B6819589A490E690B6

021

029

「乎観針道 捷法最奇」が紹介されました。

086

そして、実技の時間にはスクリーンに映像が流され、
近くで見ることが出来ない方もスクリーンを見ながら手元が分るという
参加者に優しい講演会。
068

会場を歩き、自ら針を受けるという場面も。
157

158
実技の時間には、日頃使っている方法で治療を。
董師奇穴や基本穴の刺針方法などを解説。

「針は楽しい」。
王先生が幼い頃から持ち続けているもの。
それは、初めて針に触れた時に抱いた好奇心です。
針は本当に不思議なもの。
美しいものです。
その気持ちを皆さんに持ち続けて欲しい。
この講演会を通して、みなさんが扱う針は自由だということを
感じていただけたら幸いです。
浅川先生、横田先生、ならびに関係者の皆さま。
ありがとうございました。
心よりお礼申し上げます。

174

180

関連記事

ページ上部へ戻る