ブログ

【副鼻腔炎】柳本 真弓 先生

症例)

70代女性 副鼻腔炎

10年前から発症。

一年中鼻汁に悩まされ、一晩で5回は鼻汁・鼻閉で目が覚める。

アレロック リンデロン点鼻薬(10回/日) 時折プレドニン服用

治療穴)

百会 左足三里 左大腿肺穴 右腎関 右大腿脾穴 肩井

 

効果)

鍼治療ははじめてだが、一回治療後数年ぶりに鼻汁で夜中起きることがなく、ぐっすり眠れて感激したとのこと。

その後ずっと鼻汁がないわけではないが確実な変化を実感。西洋薬をやめたいとの希望と他の症状もあり、継続治療中。

 

目白鍼灸院 柳本 真弓 先生

関連記事

ページ上部へ戻る