海クラス 

  1. 2017年7月2日 前期海クラス(第4回)

    1.経絡循行2.足の三陽経絡3.董師奇穴 大腿穴 (13組32穴)4.龍門十五要穴...

  2. 2017年6月4日 前期海クラス(第3回)

    董師奇穴の特徴扁鵲(心書)華陀(董師奇穴 鈴医)王惟一(甲乙経、天聖銅人)医宗華陀正経奇穴重針軽灸手掌診断五臓弁証少穴経針(3本、5本)得気中絡(針を刺して気を補って絡刺する)三針針技(多針、動針、骨針) 五臓四針肝:中渚、公...

  3. 2017年5月7日 前期海クラス(第2回)

    【大周天導引】【足の三陰の経絡(十四発揮)】足三陰起於(大趾、中趾)循足陰上腹会任。其直入腹属(脾・肝・腎  絡  胃・胆・膀胱) 従腎・肝・脾 上膈夾咽循喉連系五竅、絡督会頂。

  4. 2017年4月2日 前期海クラス(第1回)

    【講義内容】1、龍門十五経穴2、董師奇穴3、十四経発揮4、経絡の奥儀前半は、易の思想と陰陽の思想について紹介。人体と天元の関係、経絡との関係性について講義を行いました。

  5. 2016年12月4日 後期海クラス(第4回)

    2016.12.4 海組(第4回)1.董師要穴⑴ 指①婦科二穴〔主治〕婦人科系疾患、不妊症※不妊症の治療の場合は、指男科穴や指女科穴と合せて使う。〔実例〕43歳女性。エストロゲンのレベルが50代。3日連続の治療で28歳になり、半年後に妊娠。

  6. 2016年11月6日 後期海クラス(第3回)

    2016.11.6 後期海クラス(第3回)1.背中の痛み原因は、頸椎の問題か五臓の問題のどちらか。《体の部位と脊椎の関係》上半身が悪い            頸椎の問題を考える。下半身が悪い            腰椎の問題を考える。

  7. 2016年10月2日 後期海クラス(第2回)

    2016.10.2 海組(第2回)1.龍門鍼灸の特徴⑴ 丹炁(金丹大道で重視する)丹炁の訓練:坐禅(丹坐):胎児も坐禅している(抱元守一)男:精をエネルギー源にする:9~10年女:血をエネルギー源とする:3年丹坐により、百会の形が代わり、魂が出るようになる(出...

  8. 2016年9月4日 後期海クラス(第1回)

    2016.9.4 海組(第1回)1.董師奇穴鍼灸学問について⑴ 取穴位置 ①頭部 ②体幹 ③手足 の三部位⑵ 診断 手診によって行う。⑶ 理論 五臓が中心。どの五臓の病なのかは、手診によって行う。

  9. 2016年7月3日 前期海クラス第4回

    1.基本15穴の応用①体を前身、後身、側身の3つに分ける。仮に前身に病症があれば(ex.頭痛や胃痛)、列記されている経穴を刺す(◎がついている経穴が最重要穴)。②子午流注に当てはまる経絡に属する経穴を治療する。ex1. 10時に来院した患者の場合は、脾経を治療する。

  10. 2016年6月5日 前期海クラス第3回

    1.婦科疾患⑴ 主穴百会列欠・公孫・中渚・三陰交(生殖器の腎四針)婦科穴・環巣穴列欠:任脈、経血の周期の問題公孫:衝脈、経血の量の問題中渚:腎(①少陰・少陽②中渚の裏は少府(少陰※)③腎兪や命門と同じ効果)三陰交:脾・肝・腎※少陰(心と腎)は、心系...

ページ上部へ戻る