過去の講義

  1. 2017年4月30日 臨床スクール♯13

    本日のテキスト易のお話しと補瀉について慢性 気の四針、気海、血海骨際への刺針、効果的な取穴のポイント急性 手足の二金穴について膝内側痛の治療...

  2. 2017年4月2日 前期海クラス(第1回)

    【講義内容】1、龍門十五経穴2、董師奇穴3、十四経発揮4、経絡の奥儀前半は、易の思想と陰陽の思想について紹介。人体と天元の関係、経絡との関係性について講義を行いました。

  3. 2017年3月26日 臨床スクール #12

    2016.3.26 臨床会二十一滄縣張官屯魯景春。受病多日。兩脇脹滿。胸腹悶疼。飲食咽下。卽行吐出。延余。余切其脈。沉遲而滯。此乃寒氣與食相結。脾胃受傷。胃不容水穀。脾不來磨食。如鐘停擺。衝脈上逆。食水頃刻難容也。乃爲之針勞宮 內關 中脘 下脘 三里 陽陵泉又立一方。

  4. 2017年2月26日 臨床スクール #11

    2017.2.26 臨床会十九滄縣戴家園。黃殿賓之妻。年二十八歳。産十四日。受病延十餘日。病益增劇。延余。余切其脈。寸關沉遲有力。尺脈細微。小肚疼痛。日夜不止。面灰色飯後疼益甚。余索前醫之方。倶係寒凉破血之藥。以致下焦寒結不散。乃與立方。

  5. 2017年2月5日  冬季特別講義1

    道教医学1  講義内容は完全非公開 【足三里】 【二里】 【心関】 【腎関】 【中渚】 【肝関】...

  6. 2017年1月29日  臨床スクール#10

    2017.1.29 臨床会十六滄縣菜市口。翟星五於十月上旬。其全家女眷共六人。同時得疾。先延西醫無法治療。延余。余切六人之脈。有斷絕者。有未絕者。視其面色白而無光。氣喘心亂。頭目昏花身難轉側。口不能言。分臥東西。兩屋。猶如酒醉之狀。此冬瘟也。別名蛤蟆瘟。此症最易傳染。余乃服燒酒兩杯。

  7. 2016年12月25日  臨床スクール#9

    2016.12.25 臨床会十三滄縣方家花園路小泉先生。乃余至交。其夫人於十一月下旬。得氣寒結聚之症。心胸急疼。上下不通。深夜間延余。余切其脈斷絶。十分沉重乃取穴刺上脘(寸半) 中脘(一寸) 下脘(八分) 氣海(八分) 三里(五分)針行有二句鐘。腹中作響。上下氣通乃癒。

  8. 2016年12月18日  後期洋クラス(第4回)

    2016.12.18 洋組(第4回)1.薬師如来真言①Namo pagawde paisaya guru waidurya brapa rajaya datagataya arhade samyaksambudtaya dadyata om paisajye paisaye pais...

  9. 2016年12月4日 後期海クラス(第4回)

    2016.12.4 海組(第4回)1.董師要穴⑴ 指①婦科二穴〔主治〕婦人科系疾患、不妊症※不妊症の治療の場合は、指男科穴や指女科穴と合せて使う。〔実例〕43歳女性。エストロゲンのレベルが50代。3日連続の治療で28歳になり、半年後に妊娠。

ページ上部へ戻る